mind

旦那の「カレーでいいよ」発言にイラッとする!という声に共感した話

はい。愚痴です(笑)すみません・・・。

何気なくネットを眺めてたら、こんな記事を発見したので、「あ~~あるある!!!」と激しく同意!!してしまいました😅

本当についつい、こういった時間ホイホイの罠にはまってしまいます・・。ネット恐るべし💦

妻「今晩、何か食べたいモノある~ ?」

夫「うーん・・・カレーでいいよ」(面倒そうにゴロゴロしたまま)

はい、イラッと!!!!!

と、いうことですよね。

私もこれは経験あります・・・。

私の主人は警備員なので、勤務形態が不規則で、18時から翌日の18時まで勤務・・・とか普通にあるんですね。

その時に、昼も家で食べて、更に、出かける前に軽く食べて、しかも、お弁当を作ってほしい・・・と言われたんです。

しかも、私は仕事の日で、朝に主人の昼ごはんを用意してから出かけてるところに、夕飯と、お弁当作りが入る訳なんですよ・・・。

「え!!朝シンドイんだけど・・・」とこぼしたところ、

「何か、簡単なモノでいいよ」

ハア!!!!!!?????(爆発)

ですよね・・。

簡単なモノなんて、この世にねえんだよ!!!簡単なら、自分で作れや!!!!

_:(´ཀ`」 ∠):

殺意が湧きました(笑)

これ、多分、こちら側の負担を軽くしてあげよう・・という気持ちから来てる言葉だとは思うんですが、いやいやいやいや・・・・💦💦

そもそも、負担を軽くしようと思うなら、なぜ「自分で作る」という選択肢がないんだろう・・・。お弁当なら、冷食もあるし、ウィンナー炒めるぐらいできそうなモノなのに・・・。

こちらのタスクばかりを増やしておいて、

「簡単なものでいいて言ってあげている、俺の優しさ」乙

とか思っているんだったら、本当に頭かち割ってやりたいです・・・。

しかも、家にいる時は、寝ているかテレビ見ているかの二択しかしていないクセに・・・。
(あ、子供のお迎えには行ってくれてました。そう言えば💦

でも、これって、妻の方が圧倒的に家事をしている時間が多い家なら、皆んな経験ありますよね・・・。

私の会社でも、同じ年代の男性社員さんが、コンビニ食から、自前のお弁当になったいたので、

「最近、お弁当なんですね」

と、言ったところ、

「うん。買いに行くのが面倒になってね。奥さんに『ありあわせのものでいいから、何か詰めてくれない』って、お願いしたんだ」

笑顔で語られました・・・。

( ̄▽ ̄;)。。。。。。

奥さん「ふざけんな!!!!」って思わなかったのかな・・・。と心配になりました・・・。

自分が面倒だからと、こちらの仕事を増やしておいて、

ありあわせでいいんだから

って、何!!!??

って感じですよね。

ちなみに、この方は、いつも「俺、イクメンなんだよね~」アピールをしてる方なんですが、

この発言からも、きっと奥さんには、まったくそう思われてなさそうな気が、ヒシヒシしましたね・・・。

それと同時に自分でイクメンアピールしてくる男性は、だいたいが的外れで、勘違いしているものだと実感しました・・・。

ゴミ捨てて、子供の送迎すれば、イクメンだと思ってるタイプですね。

私の場合、こう言った時も、我慢してあまり、不機嫌をあらわにしないようにしてきました。

それは、私のほうが、

稼ぎが少なく、家にいる時間が長いので、やってあげて当然なのかな・・・とか、

旦那と、話合うのが面倒(不機嫌になる)

という理由が主だっています。

ですが、そういったことが積もり積もって、今の私は、主人から自由になりたい・・・という感情しか持てなくなってしまいました・・。

この、カレーの件に関して、ネットのコメントでは、だいたいの主婦がイラッとすると答えており、

  • 「カレー『いいよ、じゃなくカレー『いいよ、でしょ!!!」や、
  • 「簡単にできるメニューではないと伝える・・・」
  • 「カレー作ってくださいでしょ!!」と、言い方を求める声と、少数ですが、

何でもいいと思ってるけど、そう言うと、非協力的に見られるので、『カレーでいいよ』になったのでは?」

などの擁護する声もあったようです。

これは、私の個人的な意見ですが、やはり、大多数の家庭で、

夫が主としている「お金を稼いでくる

ということが、

妻の「家事をする

ことより、はるかに大変で、家事や育児は、外で仕事するよりは簡単にできること、と思われがちなんだろうな・・・と思います。

また、これを使う夫側には、悪気は1ミリもなく、相手を不快にさせてるなんて思いもよらないことでしょうから、この手の論争はなくならない訳ですね・・。

何十年前の、昭和の日本であれば、男女の役割がハッキリしていて、男尊女卑はあれど、それでも良かったのかもしれません。

でも、時代は変わりましたよね。。。

今は、夫婦だけで育児をしてたり、周りに頼ることができない家庭が増えており、その中で、旦那さんの稼ぎだけでは足りず主婦も仕事に出たり求められる役割が非常に増えています。

旦那さんにしても、昔の大黒柱のように、「仕事で疲れている」ということを武器に、協力しないことは、許されない風潮あります。(仕事の負担が軽くなったわけではないのに・・・です)

そりゃあ、独身者が増えるわけだ・・・^^;💦

とはいえ、愛する人と結婚し、子供を儲け家庭を維持する・・・ということが、チートな能力のようになってしまった現代でも、うまく行き続けている夫婦はいます。

我が家は、維持することが、困難になってしまってますが・・・。(−_−;)

それは、月並みですが、感謝を忘れず、不快な言動があれば、冷静に話合える関係でいれること!!ですよね。

芸人の方の奥様で、自分が1日にしている家事を、紙に全て書き出して、旦那様に見せた方がいるそうです。

私はその方を尊敬しますね。

男性は、察することが苦手ですから、目視化するのは、いい案だとは思います・・・。

が、お子様が小さい時の、「名もなき家事」を書き出したら、何百種類???

って感じですよね。

とことん理解を求める為の努力」に頭が下がります。

また、それをちゃんと読んで向き合ってくれる旦那様も素敵ですね。

私も、出産の為、家事の細かい注意点(ゴミ出しの日や、捨てておいて欲しいモノ、食べてほしい作り置きなど)を、何枚かのメモにして渡したのですが、家に戻ると何一つ守られておらず、心底落胆した事があります・・・・。

そして、その時も「仕方ないなあ・・・」と、嘆きを伝えるのを諦めました・・・。

そういう事が自分の中でこれほど、澱のように溜まって淀んでいくとは、この時は気付いていませんでした・・・。

まとめ

今回、ふと目にした「カレーでいいよ」の話を少し掘り下げて考えてみましたが、大切なのは

旦那さん側が

  1. 「家事をすること」に対する意識を変える。
  2. 「自分でできること」を探して協力する。
  3. 「で」を「が」にするだけで、夫婦がうまく行く事に気づきを持つ。

妻側も

  1. 不快な表現や、些細な「して欲しい事」を具体的に相手に伝える。
  2. 諦めずに、話し合いを重ねる。

ことが、大事なんだろうな・・・と思います。

そして、お互い、してくれた事には感謝の気持ちを持てればいいな・・・と思っています。

冷え切ってしまった後に言うのも何なんですけど・・・・(爆)

Oisixなら
★もう、献立に悩まない!!
★20分で主菜・副菜の2品が作れる!
★必要な食材がすべて揃っている! 

 

もっと時短にこだわるなら・・・

★100%国産食材使用
★合成保存料・着色料一切不使用
★1食(主菜1品、副菜2品)で平均400kcal以下、塩分3.5g以下

わんまいるなら、健康惣菜が、湯せん、流水解凍で手軽に食べられます!!

↓↓